FC2ブログ

第三の男 魅惑のトラブルメーカーシリーズの番外編第九弾

ぼくは岩瀬麻希也、通称マッキー。
言っておくけど、ぼく自身はそんな通称で呼ばれるのは嫌いだ。
けれど「お客さん」が、イワセもマキヤもうまく発音できない場合は仕方ない。
「マッキー、アイスクリーム食べたい」
「インタビューはパス、マッキー、ビリヤードやるぞ」
「マツザカギュー、サケ、欲しいよ、マッキー」
そんなふうにあごで使われる便利屋、それがぼくの仕事だ。
三年前、中堅の映画配給会社に就職したときは、まさかこんな日々を送るとは思ってもみなかった。



『マッキーの接待日記』は配給会社の社員から描いた合作映画のエピソード。
表題作の『第三の男』は映画の出演俳優たちと昂也のところにやってくる話。
『黒革の日記帳』は禁断の企画かもしれない昂也の日記。
四行以上を書くのがたいへんだったもよう。
『千歳のニューイヤー日記』は、千歳とYANのおつきあいに暗雲が……。
『マッキーの秘密日記』は来日俳優の暴露話です。

魅惑のトラブルメーカーシリーズの番外編第九弾です。
『名もなき夜のために』『優しい夜のすごし方』『そっと深く眠れ』『ジェラシーの花束』
『しなやかな翼の誇り』の他に、ローディや仲間たちの視点から描いた番外編もあります。

番外編は『空も飛べるはず』『季節がきみを変える』『汚れなき月光のきみに捧げる』
『タイムスリップ』『純白な月の調べ』『オムレツよりきみが食べたい』
『京都ラプソディ』『オーストラリア・ランデブー』と続き、本作は第九弾『第三の男』です。

シリーズものですが、どこから読んでもいい内容になってます。

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント