FC2ブログ

Kindle新刊「白鳥の誘惑」

kindle出版第二弾です。
明るい職業ものオカルト風味のボーイズラブ小説。
ドイツ旅行に行った後、突発的に書いた中編『白鳥の誘惑』です。
十年あまり前の作品なので、ところどころ現状とは違うところがあるかと思いますが、ご容赦ください。
スマホはない時代です。
続編『白鳥の困惑』も近日発行予定です。



彼の名は滝谷亮、新米の添乗員だ。
ルードヴィヒ二世をめぐる旅の添乗員をまかされた亮は、ドイツ史に詳しい大学院の学生、史郎を紹介される。
初対面で立場も性格も違うふたりは意気投合し、ひそかにひかれあい、いっしょに旅立つ。
変わった旅行客たちに囲まれるツアー旅行はかなりデンジャラス。
旅の目的であるルードヴィヒ二世の居城に近づいたとき、史郎に異変が……。
男を愛した王は彼らふたりにとんでもない影響を与えた……。